機械設備・空調設備・メンテナンスなら名古屋市北区のナゴヤ保缶

株式会社ナゴヤ保缶化学工業社
メンテナンス業務 リニュアル業務 省エネルギー 業務事例 取扱製品 取り組み 会社概要 採用情報
省エネルギー 省エネルギー最新情報
 
利益と環境対策の両立を提案します。
ナゴヤ保缶のCSR
チューニング
燃焼空気比の最適化
ポンプのメカニカルシール化
みんなでつくろうエコライフ
ナゴヤ保缶では、環境問題への取り組みの中でも「省エネルギー」に特に重点を置いています。省エネルギーと一口に言っても色々あります。
一般に「高効率機械、システムの導入」をよく耳にしますが、果たして大規模な投資、工事の前に何かできることはないでしょうか?さらに、せっかく導入した高効率機器・システムは果たして機能しているでしょうか?
省エネルギー最新情報

チューニング

これを検証し設備の最適化、高価値化を図るのがチューニングです。
例)空調設備
  • 設定温度は最適か?冷やし過ぎ、暖め過ぎではないか?さらに踏み込んでもう少し温度を上げれないか(夏場)/下げれないか(冬場)の検証と調整。
  • 冷温水量は最適か?流量過大になっていないか?さらに踏み込んで、インバータなどで流量調整できないか?の検証と調整。
  • 冷却水流量・温度は最適化?流量過大や温度不調整ではないか?さらに踏み込んでインバータなどで流量調整、温度調整はできないか?の検証と調整。
  • 機器のカタログではよくCOP○○とありますが、現場でその能力がでなかったり、年間を通じてたった一瞬の高効率では意味がありません。
ナゴヤ保缶では、お客様と共に検証を行い、年間を通じていかに使用エネルギー量を抑えるかに取り組んでいます。

燃焼空気比の最適化

これもチューニングの一環ですが、燃焼空気比の調整と省エネルギーとの関係は余り広まっていません。しかし、燃焼空気量を抑えると、多少ながら省エネルギーにつながります。燃焼の安定性と空気量の削減という微妙なバランスでの調整ですが、当社では長年の経験と実績、技術によって、燃焼空気比の最適化に取り組んでいます。

ポンプのメカニカルシール化

ポンプの封水には大きく分けてグランドパッキンタイプとメカニカルシールタイプの2つがあります。
現在、新品のポンプを購入すると、まず間違いなくメカニカルシールタイプのものが納品されます。グランドパッキンとメカニカルシールでは同じ使用条件の場合ほんの僅か(1%前後)ですが省エネルギー効果があります。
そしてグランドパッキンタイプで起こる漏れの不具合の頻度も減ります。少しの省エネルギーとメンテナンス点数の削減によりお客様のコスト削減を図ります。
現在は既設グランドパッキンタイプのポンプを最小限の改造でメカニカルシールタイプに改造するサービスを行っております。

みんなでつくろうエコライフ

何をさて置いても一番の省エネルギーは我々の生活習慣の見直しです。
空調の設定温度を調整するだけで省エネルギーに繋がります(当社では夏場28℃,冬場20℃で管理しています)。
キンキンに冷えたオフィスで厚着をする...時代ではありません。楽で涼しい格好で効率よく仕事・生活をする。そんな時代を楽しみましょう。また、車の使用を控え、徒歩や自転車、公共交通機関の使用など自分の健康維持にも一役となる省エネルギーもあります。
移動は全て車で、健康管理にジムへ通う...時代ではありません。日頃の活動全てが健康維持につながる。そんな時代を楽しみましょう。

↑トップ

コピーライト

   
株式会社ナゴヤ保缶化学工業社 HOME サイトマップ 管理ページ お問合せ・資料請求 何かお困りの事はございませんか?