機械設備・空調設備・メンテナンスなら名古屋市北区のナゴヤ保缶

株式会社ナゴヤ保缶化学工業社
メンテナンス業務 リニュアル業務 省エネルギー 業務事例 取扱製品 取り組み 会社概要 採用情報
取り組み  
 
お客様、そして地域社会のために
ナゴヤ保缶のCSR
 環境問題への取り組み
 予防保全への取り組み
 安全衛生への取り組み

ナゴヤ保缶のCSR(企業の社会的責任)について

企業の社会的責任が問われる現在、ナゴヤ保缶では、「本業に徹することにより社会の発展に寄与すること」をCSRの最優先事項として活動しております。 機械設備、空調設備の専門家として、技術と知識、実績をもって、予防保全、省エネルギー、リニュアル業務サービスを社会に提供します。

環境問題への取り組み
地球温暖化による気候変動、エネルギー依存による物価上昇、ゴミ問題など地球規模で環境問題が問われている現在、ナゴヤ保缶では、
  1. 燃料消費量の削減 −
    高効率機器・システムの導入と既設設備の改造による省力化
  2. 未利用資源の有効活用 −
    太陽光発電装置等の自給型発電・打水効果などの自然現象
  3. ライフスタイルの変革 − LOHAS
の3つを基本に、環境問題に取り組んでいます。
環境対策=コスト高というイメージがありますが、当社ではお客様の利益を最優先にしながら環境保護にも役立つシステムを企画。一つの取り組み、一人の一歩が、地球規模の環境対策につながると信じ、環境保全に貢献したいと考えています。

予防保全への取り組み
「直すから壊さないへ」創業よりメンテナンス(維持・継続)の本質を心に取り組んできましたが、現在ではその本質に「価値共創」の理念に基づき、「利用者優先の原則」「環境優先の原則」「経済性優先の原則」を取り入れ、さらに進化した予防保全に取り組んでいます。
予防保全計画はやりだせばきりがありません。全ての設備に過剰保全を施すのは簡単ですが、その設備の緊急性、使用頻度などをお客様と一緒になって分析し、予防保全の範囲と投入費用を計画し、常に最適でバランスのいい予防保全計画をご提案します。
「お客様の機械設備を常に価値ある状態に保つ」これが現在のナゴヤ保缶が考える「予防保全」です。

安全衛生への取り組み
一に安全、二に安全...どこでも耳にする言葉ですが、世間では一向に事故・災害が絶えません。
なぜでしょうか?
この「なぜ」をナゴヤ保缶では何事からも逃げずに真っ向から対面し事故の撲滅に取り組んでいます。
当社では幸い重大事故・災害は発生しておりませんが、「だからこそ事故を起こす可能性がある」と全従業員で危機管理を徹底しています。
事故・災害は「安心」「楽観視」「軽視」から発生します。それを肝にヒヤリハットの撲滅、リスクアセスメントの管理を徹底に取り組んでいます。
そして何よりも、「安全作業は健康から」をモットーに社員の健康を気遣い、無理をせずに健康管理に取り組んでいます。

コピーライト

   
株式会社ナゴヤ保缶化学工業社 HOME サイトマップ 管理ページ お問合せ・資料請求 何かお困りの事はございませんか?